やさしい尖閣諸島(釣魚列島)のはなし

諸島 尖閣

🤙 また、尖閣問題を理解するためには、琉球の歴史を理解する必要があるため、琉球史を書きました。 実質的には棚上げし、いつになるか定かでない次世代に託すとしながら、長期にわたって尖閣諸島問題を国境問題として固定化することに成功し、「次の世代」の判断が下されるまでにいくつかの既成事実を積み重ねておくことが可能となったのである。 沖縄県令のは部下のに現地住人からの聞き取り調査を行わせ、9月21日に石澤が現地住人から受け取った報告書では、「『』の赤尾嶼(せきびしょ)は久米赤島、黄尾嶼(こうびしょ)は久場島、釣魚台(ちょうぎょだい)は魚釣島に相当すへき」と記された。

2

中国が「尖閣諸島」にここまでこだわり続ける理由がついに明らかに…!

諸島 尖閣

🚀 その理由は、わが国政府に日中平和友好条約交渉に尖閣諸島の領有問題を出すのはマイナスとの判断があったからに他なりません。 また、潘相の『琉球入学見聞録』には久米島で琉球側から出迎えがあったと書かれており、これらの記録から琉球国の領域は久米島からであった。

19

尖閣諸島の歴史概要

諸島 尖閣

✇ 石澤からの報告を受けた西村は翌日の9月22日に山県有朋に「既に清國も旧中山王 を冊封する使船の詳悉せるのみならず、夫々名称をも附し、琉球航海の目標と為せし事明らかなり。 中国の攻勢に対して日本政府には、海上保安庁が現場で持ちこたえている間に外交による解決を目指すという「方針」はあるものの、日本全体としての長期的な戦略はみえない。 明代の討伐の最高統帥であると鄭若曽の著作『籌海図編 ちゅうかいずへん)』 にある「沿海山沙図」と言う海図に釣魚台が描かれており、「明、清時代以来、中国の海防の管轄範囲」に含まれていた。

11

中国が「尖閣諸島」にここまでこだわり続ける理由がついに明らかに…!

諸島 尖閣

☕ 第2章は「機構と職責」についてで、第11条で海警機構の具体的な職務を列挙する。 魚釣島は個人の所有で、今は政府が借りてます 年間4000万払ってます。 急速に増強される中国海警局に対して、海上保安庁も近年、大型巡視船の建造を急ピッチで進めていて、今年2月には、日本最大級の6500トン級の「れいめい」と6000トン級の「しゅんこう」という大型巡視船2隻を鹿児島海上保安部に新たに配備した。

3

「かなり深刻な紛争が起こる可能性がある」 尖閣諸島問題に米国が介入しようとしていることに関する専門家の見解

諸島 尖閣

🤭 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 尖閣諸島は東シナ海の南西部に位置する軍事拠点としての要衝である。 両方の国境の中間の尖閣は無主地であった。

19

尖閣諸島の歴史概要

諸島 尖閣

🤙 日清兩國にとって領土線外の無主地であったから、分島改約案もカイロ宣言も適用できない。

11