『明け方の若者たち』(カツセ・マサヒコ)の感想(121レビュー)

の たち 明け方 若者

😔 どうしても好きでもどうにもならないこと、好きな人を思い出すものが世界には溢れすぎていること、自分にはこの人しかいないと思い上がった日のこと。 カツセマサヒコ 1986年東京都杉並区生まれ 34歳。 オーダーメイドかと錯覚って分かるな。

【書評】カツセマサヒコさんの小説デビュー作『明け方の若者たち』は、自分が大人になったなぁとあらためて確認できる一冊

の たち 明け方 若者

🤘 触発されて、感想文の前半では女性が主人公の創作を書いてみました。

20

カツセマサヒコ、初小説『明け方の若者たち』 尾崎世界観、紗倉まなら推薦

の たち 明け方 若者

👍 クソださい。 通り過ぎた明大前のしみったれたお前。

15

楽天ブックス: 明け方の若者たち

の たち 明け方 若者

🤚 天狼院書店(京都天狼院)元店長。 この時期を描いたのはなぜでしょう? 僕自身、社会人3年目くらいまでの時期が一番無責任に生きてたなと思っていて(笑)。

19

小説『明け方の若者たち』書評感想

の たち 明け方 若者

👎 ただ50・60代でもいいなと思っていたくらいなので、担当編集さんに声をかけてもらったときはまだ何も準備をしておらず、そこからが大変でした。 そこで出会った彼女に、一瞬で恋をした。

11

【書評】カツセマサヒコさんの小説デビュー作『明け方の若者たち』は、自分が大人になったなぁとあらためて確認できる一冊

の たち 明け方 若者

♻ そこで出会った彼女に、一瞬で恋をした。

17

カツセマサヒコ、初小説『明け方の若者たち』 尾崎世界観、紗倉まなら推薦

の たち 明け方 若者

🖕 『僕』の生活は一変して、まるで氷の溶けたミルクティーみたいな日々になる。