映画「心の旅路」を見た感想

心 の 旅路 映画

💔 レイナーは秘書マーガレットがポーラであり、自分の妻であることが思い出せない。 48件のビュー• しかし、スミスとポーラの愛の家の鍵をレイナーが常時持っているのでポーラは希望をつなぐ。

6

心の旅路の映画レビュー・感想・評価「シンプルなストーリーのラブロマンス」

心 の 旅路 映画

🌭 登場人物に感情移入できれば、二人のすれ違いをハラハラしながら楽しむことができる。

心の旅路の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

心 の 旅路 映画

🐝 (製作、2018年)• 彼女は大尉の境遇に同情している内に、深い恋に陥る。 ラストシーンにはやっぱり号泣してしまいました こらえにこらえ、溜めに溜めた想いが堰を切って吹き出しました それまでの記憶を呼び戻す為の様々なきっかけが、次々と不発になって、あれも駄目、これも駄目となっていたのが、遂に届いたのです 正に心の旅路でした お話は記憶喪失ですが、私達の人生も考えてみれば忘却という軽い記憶喪失を繰り返しながら生きているとも言えないでしょうか? ずっと昔、あんなに愛し合った人がいたのに、いまは別の人と家庭を持って幸せに暮らしていたりするのです ふと我に帰る瞬間は誰にもあるのでは無いでしょうか? それが胸の奥の、破裂しようとしている何かをチクチクと突き刺してくるのです ラストシーンで号泣してしまうのは、本作のメロドラマで感情移入しての号泣でありつつ、自分自身の古い恋愛の記憶と、長い年月の果てに現在の自分が置かれている現状に初めて思い至ったかのような感覚 それが私達を泣かせているのかも知れません ポーラがあの街に行ったのは、しばらく海外に行く前に死んだ赤ちゃんの墓参りに行きたかったのかも知れません 劇中で彼女が罹ったという流感は時期的にスペイン風邪と思われます 当時パンデミックになり世界中で数千万人が死んだインフルエンザだそうです まるで現代のコロナと同じです 赤ちゃんか死んでしまったのもむべ無いことだったのです 天国の赤ちゃんが天使になって、二人を引き合わせて元に戻してくれたのかも知れません この『心の旅路』という映画は、第一にどこにも無理や破綻のない、甘美な抒情と、こころを和ませるストーリーでわれわれ鑑賞者の気持ちを引き付ける一級のメロドラマだと思う。 戦争なり激しいショックを受けた事が原因なのか過去の自分が分からないのだから始末に負えない。

4

心の旅路 の レビュー・評価・クチコミ・感想

心 の 旅路 映画

⚒ 58件のビュー• しかし、公開から数十年後には高く評価する批評家も現れている。

15

心の旅 (映画)

心 の 旅路 映画

🤙 心の旅路の紹介:1942年アメリカ映画。 - ()• 技術的にはロナルド・コールマンの「記憶喪失」をうまく使って物語に巧みな変化を与えている。 気性の激しい姪(姉の夫の娘)キティとの結婚話がまとまるが、式が迫る中でキティはチャールズの心の奥底にあるものを鋭く感じ取り、彼女は潔く破談にする。

10

心の旅 (映画)

心 の 旅路 映画

☮ それがきっかけとなって、チャールズは自分の心底に横たわる3年間の記憶喪失を何とか捉えようとして、記憶が戻った街リバプールへ出かけるが、ホテルが保管していた自分の古トランクを見ても何も思い出すことが出来ない。 「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影のスタッフによってものにされた。 キティ(スーザン・ピーターズ)もチャールズ(ロナルド・コールマン)の眼差しに愛する別の女性の面影を察知、若いとはいえ女性の勘の鋭さは凄いですね。

18

心の旅路 : 作品情報

心 の 旅路 映画

🙄 タバコを切らしてしまった彼は、買い物に出かけた時にに巻き込まれ、重傷を負ってしまう。