臥薪嘗胆(がしんしょうたん)とは何? Weblio辞書

意味 臥薪嘗胆

✊ 当時の呉の王、闔閭 こうりょ は、越の王である勾践 こうせん との戦いの中で深い傷を負い、それが原因で亡くなってしまいます。 肝を嘗めて 勾践は夫差に降伏しましたが、このときの屈辱を忘れないように毎日 肝を嘗(な)めて復讐を誓います。

9

「臥薪嘗胆」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

意味 臥薪嘗胆

👐 は、への心を燃やし、その後のでのに繋がっ。

3

臥薪嘗胆とは

意味 臥薪嘗胆

🤘 この故事にある通り、深い怨念を晴らすという強い意志が根底にあり、さらにそれを忘れないために自分に苦痛を与えるという重い言葉だったのですね。

12

臥薪嘗胆とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

意味 臥薪嘗胆

✋ そこで、日本は中国にある遼東半島を割譲しますが、直後にロシア・ドイツ・フランスが日本に対して、「遼東半島を清に返還せよ」と勧告。 (これが「嘗胆」の由来) 夫差と勾践、ふたりのエピソードが合わさって成語になっているのが面白いですね。 かつて句践をゆるしその和議を入れた夫差は、自分も句践に和議を申し入れますが、句践はこれをゆるしません。

7

四字熟語「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の意味と使い方:例文付き

意味 臥薪嘗胆

🙏 さらに、伍子胥は呉王闔閭に孫武を軍師として採用するよう提案します。 敵を討つために苦痛や困難に耐えること• 夫差志復讎。

「臥薪嘗胆」の意味・由来・使い方と類義語・対義語。国語科の教員がサクッと解説!

意味 臥薪嘗胆

🖐 必ず敵をとれ」と遺言し、亡くなります。 周元王四年、越伐呉。 臥薪嘗胆の同義語・類語には、名誉挽回・汚名返上・リベンジ・雪辱などが考えられます。

8

【四字熟語】「臥薪嘗胆」の意味や使い方は?例文や類語を活字中毒ライターが解説!

意味 臥薪嘗胆

🖐 こんなところでやめればまだ何度も同じ戦争のやり直しだ。

4