歌舞伎あらすじ・外郎売(ういろううり)と外郎売セリフ全文 ふりがな付き日本の伝統文化なび

付き 全文 外郎 売 ふりがな

🤜 第五節 ふな・きんかん・しいたけ、さだめて ごだんな、 鮒・金柑・椎茸、さだめて後段な、 そばきり、そうめん、うどんか、ぐどんな こしんぼち、 そば切り、そうめん、うどんか、愚鈍な小新発知、 こだなの、こしたの、こおけに、こみそが、こあるぞ、こしゃくし、こもって、 小棚の、小下の、 小桶に、こ味噌が、こ有るぞ、小杓子、こ持って、 こすくって、こよこせ、おっと がってんだ、こころえ たんぼの かわさき、 こ掬って、こよこせ、おっと合点だ、心得たんぼの川崎、 かながわ、ほどがや、とつかは、はしっていけば やいとをすりむく、 神奈川、程ガ谷、戸塚は、走って行けば灸を摺りむく、 さんりばかりか、ふじさわ、ひらつか、おおいそがしや、 三里ばかりか、藤沢、平塚、大礒がしや、 こいその やどを ななつ おきして、そうてん そうそう そうしゅう おだわら とうちんこう、 小磯の宿を七ツ起きして、早天早々相州小田原とうちん香、 かくれござらぬ きせん ぐんじゅの、はなの おえどの はな ういろう、 隠れござらぬ貴賎群衆の、花のお江戸の花ういろう、 あれ あのはなをみて おこころを、おやわらぎゃっという。 前半 拙者 ( せっしゃ )親方と申すは お立ち会いの 中 ( うち )に ご存知のお方もござりましょうが お江戸を発たって 二十里上方 ( にじゅうりかみがた ) 相州 ( そうしゅう )小田原、 一色町 ( いっしきまち )をお過ぎなされて 青物町 ( あおものちょう )を登りへおいでなさるれば らんかんばし とらやとうえもん 欄干橋 ( らんかんばし ) 虎屋藤衛門 ( とらやとうえもん ) 只今は 剃髪 ( ていはつ )致して 円斎 ( えんさい )と名のりまする。 先ず此の薬を、 その(きみあ)いを(おめ)に(か)けましょう。

18

10分で魅惑の滑舌!外郎売本文【フリガナ付き】|専業主婦卒業宣言!

付き 全文 外郎 売 ふりがな

☕ 工藤佐衛門祐経 くどうさえもんすけつね 曾我兄弟の仇敵。 第二段 イヤ 最前 ( さいぜん )より 家名 ( かめい )の 自慢 ( じまん ) ばかり 申 ( もう )しても、 御存知 ( ごぞんじ )ない 方 ( かた )には、 正身 ( しょうじん )の 胡椒 ( こしょう )の 丸呑 ( まるの )み 白河夜船 ( しらかわよふね )。

【基礎練習】外郎売り本文ふりがな付き【由来やあらすじ】

付き 全文 外郎 売 ふりがな

⌚ 漢字の読みやアクセントは何種類かある。 きくくりきくくりみきくくり。 イヤ最前より家名の自慢ばかり (くすり)で(ござ)る。

3

日ナレでもやる「外郎売」の全文ふりがな付き、コツなど

付き 全文 外郎 売 ふりがな

🐾 ほそみぞにどじょにょろり。 外郎の効能を見て、女性を口説くのに使えると考えた珍斎は、ぜひ自分にも飲ませてほしいと申し出ます。 外郎売り 第4段落 くるはくるはなにがくる、 来るは来るは何が来る、 こうやのやまのおこけらこぞう、 高野の山のおこけら小僧、 たぬきひゃっぴき、はしひゃくぜん、てんもくひゃっぱい、ぼうはっぴゃっぽん 狸百匹、箸百膳、天目百杯、棒八百本。

9

【基礎練習】外郎売り本文ふりがな付き【由来やあらすじ】

付き 全文 外郎 売 ふりがな

🤐 むこうのごまがらは、えのごまがらか、まごまがらか、 向こうの胡麻殻は、荏のごまがらか、真ごまがらか、 あれこそ、ほんのまごまがら。 ちょっと さきの おこぼとけに おけつまずきゃるな、ほそどぶに どじょ にょろり。

19

外郎売りの科白 (ういろううりのせりふ)

付き 全文 外郎 売 ふりがな

💅 そりゃそりゃそりゃ回ってきた、回ってきた。 「外郎売口上」 (外郎売には諸説あります。 アワヤ喉、 (まわ)って(き)たわ、(まわ)って(く)るわ。

外郎売

付き 全文 外郎 売 ふりがな

😜 一寸先の御小仏に御蹴躓きゃるな、 (いっすん)の(おこぼとけ)に、(おけつまず)きゃるな、 細溝にどじょにょろり。 たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、 たっぽたっぽ一丁凧。 たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ。

歌舞伎あらすじ・外郎売(ういろううり)と外郎売セリフ全文 ふりがな付き日本の伝統文化なび

付き 全文 外郎 売 ふりがな

💢 第五段 鮒 ( ふな )・ 金柑 ( きんかん )・ 椎茸 ( しいたけ )・ 定 ( さだ )めて 後段 ( ごだん )な、 蕎麦切 ( そばき )り 素麺 ( そうめん )、 饂飩 ( うどん )か 愚鈍 ( ぐどん )な 子新発知 ( こしんぼち )。