ギア : 未発表・タイトリスト『ボーケイSM8』のアマ試打レポ。「そりゃ、プロがすぐ替えるのも分かる」

Sm8 ボーケイ ウェッジ

😗 ボーケイさん:これまで広く受け入れられているウェッジとしての寛容性と完成度、使い手の五感に届くフィールはもちろん重視しているよ。 となると、多くのゴルファーは自分に合うウェッジを推測することになるわけだ。 強烈なバックスピン!というのは、グリーン周りが中心の試打ということもあり、できませんでしたが、どんな状況からでも安定してスピンがかかっていました。

3

【比較】タイトリストのウェッジVOKEY DESIGN「SM7」と「SM8」を解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ

🤝 ロフトごとに最適化した「プログレッシブCGデザイン」を採用した複数本の「SM8」を組み合わせることで、ショートゲームが容易になってスコア向上につながる。 耐久性は非常に重要だ。 両方打つチャンスがあれば、ぜひ芝生の上でそれぞれの違いを実感していただきたいです。

14

ギア : 未発表・タイトリスト『ボーケイSM8』のアマ試打レポ。「そりゃ、プロがすぐ替えるのも分かる」

Sm8 ボーケイ ウェッジ

🤗 モイスチャー マネジメントについてはどうなのか? 我々のウェッジテストの結果とボーケイの競合他社各社から提供されたデータによると、ボーケイのウェッジは濡れている状況においてスピン量が激減するという。

【ウェッジ試打】バックスピン性能と抜けを良くする新技術。ボーケイSM8・ジョーズMD5・フォーティーンDJ

Sm8 ボーケイ ウェッジ

😂 「スコア向上を熱望する、あらゆるゴルファーのための助けになる優れたパフォーマンスのウェッジを作ること」。 〔スピン性能〕 ウェッジにおいて重要なファクターだが、スピン量は多すぎても少なすぎてもいけない。

11

タイトリスト・ボーケイ/ウェッジの選び方

Sm8 ボーケイ ウェッジ

🤔 進化したプログレッシブCGにより、インパクトの安定性が飛躍的に向上し、飛距離・弾道がもっと狙い通りに。

19

【比較】タイトリストのウェッジVOKEY DESIGN「SM7」と「SM8」を解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ

🤔 ボーケイの考えるウェッジにおける高パフォーマンスとは、〔ショットの多様性〕、〔飛距離精度〕、〔スピン性能〕という3つの要素からなる。 エースパターと同じことですよ、最後のボールの転がりが止まる付近まで距離感がコントロールできないと安心できないでしょ? それと同じことです。

3

ボーケイの最新モデル「SM8」はどう進化した? プロがさっそく試打!

Sm8 ボーケイ ウェッジ

🌭 fa:first-child:not :only-child. PRO MODUS3 TOUR 105はツアークロームのみ。 ブラッシュドスチール・ジェットブラックはカスタム扱いとなります。

10

タイトリスト ボーケイデザイン SM8 ツアークローム ウェッジ解説

Sm8 ボーケイ ウェッジ

👇 ボーケイはまた、いかなるコースコンディションにも対応できるよう、ハイバウンスのサンドウェッジに少しバウンスを落としたロブウェッジを組み合わせるなど、バウンスミックスも有効だとしている。 伝統的な見た目にちょっとひと工夫が好きな人にはお薦めだ。

16