『万葉集』の秀歌 朗読・現代語訳・解説音声|『万葉集』笠女郎の大伴宿禰家持に贈れる歌

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

⚔ それはあたかも、龍が水を得て本来の力を発揮するように、虎が山に入って本分をまっとうするように、存在が本来あるべき姿を取り戻すことに似ている。

13

「浜辺の歌」の歌詞の意味を解説。現代語訳と品詞分解つき。

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

💙 『長恨歌』の原文3 華池の離宮は空高くあり 妙なる音曲が風にただよう 歌や舞、管弦の調べに 天子は終日これを楽しみ飽きることがない 突然沸き起こる謀反の陣太鼓 霓裳羽衣妙なる調べの夢を破る 『長恨歌』の解説4 第1句「驪宮高処入青雲」 第1句:「驪宮」は「離宮の華清宮」。 たしか光源氏は晩年、さみいしいというか、落ちぶれていくという結末ではなかったでしょうか。

5

坐禅の奥義書『普勧坐禅儀』を現代語訳するとこうなる

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

🚀 ただし皇帝ご一族用です。 「今も、などか、その行きたりし限りの人どもにて言はざらむ。

古典、毎月抄の「ある人、花実のことを歌に申して」から「言葉のつたなき...

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

😘 また、禅師が弟子等を導く際には、機敏に心をはたらかせて様々な方法が用いられてきたが、そのはたらきの根源にあるものは知識などではなく、やはり坐禅であった。

「我を愛する歌」石川啄木全短歌作品の現代語訳と解説

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

😩 第7句「花鈿委地無人収」 第7句:「花鈿」は「女性の額に貼る金色の飾り」。

20

『長恨歌』白居易 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

🤜 (そういうことは)ただ単に、(なんとなく習慣的に)ちょっとするだけかと思ったけれど、讃岐の国の前任の国司の兼房といった人が、能因を車の後ろに乗せてある所へ行ったときに、二条と東の洞院とは(平安時代の有名な女流歌人)伊勢の家であったのだが、子の日の小松があったのを先を結んで植えてあった松の木が、しっかり根付いて生えて、本当に大きな松の木であったのが、梢が見えたので、(能因は)車の後ろから慌てて降りたので、兼房は理解できず、「どういうことだ」と尋ねたところ、(能因は)「この松の木は、かの有名な伊勢の結び松ではございませんか。

3

大風歌 漢高祖劉邦 漢詩の朗読

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

🤛 と詠まれ侍りしを、そのたびこの題の歌あまた詠みて、当日まで思ひわづらひて、 とお詠みになりましたが、その時(頼政は先程の歌以外にも)この題の歌をたくさん読んで、歌合せの当日まで思い悩んで、 俊恵を呼びて見せ合はせければ、 俊恵を呼んで見比べさせたところ、 「この歌は、かの能因が『秋風ぞ吹く白川の関』といふ歌に似て侍り。 他の人はいろいろと評定しておりますが、それを取り上げようとは思いません。 能因法師は、歌をもうがひして申し、草子などをも手洗いして取りひろげける。

8

古典、毎月抄の「ある人、花実のことを歌に申して」から「言葉のつたなき...

歌 の こと も て 訳 語 お 現代

✇ 「君死にたまふことなかれ」 (旅順の攻囲軍にある弟宗七を歎きて) ああ、弟よ、君を泣く、 君死にたまふことなかれ。 「面白くないということはないでしょうに」などと中宮様はおっしゃったが、そのまま歌を詠まずに終わってしまった。 テスト勉強の参考にしてみてください。

14